中絶手術について知る。|安心して中絶手術を受けるために

中絶手術を受けたあと

中絶手術を受けたあとの身体はとても繊細です。そのため、何気ない日常も、普段以上にあらゆる点に気をつけることが大切です。また、中絶手術を再度受けることのないようにするためにも、手術後にもう一度、生理や性交渉について考えることが大切です。

中絶手術を受けたあとの身体に、大きな負担を与えてしまうのはよくないため、立ち仕事や激しい運動は控えるようにすることが大切です。場合によっては生理痛のような痛みが出ることもありますが、その場合はクリニックから薬が処方されます。

中絶手術を受けたあと、約1週間出血が止まらなくなってしまうことがあります。出血している間は感染症などを引き起こすことも考えられるため、入浴はシャワーだけで済ませるようにしましょう。
出血が収まれば、普段通りの生活で過ごすことが可能です。夏には海やプールを楽しんだり、冬には温泉に使ったりして楽しむことができます。

また、出血が完全に止まったら性交渉を行うことも可能です。
しかし、ここで注意してもらいたいのは「避妊をしっかりする」ということです。
中絶手術を行うと、1ヶ月〜1ヶ月半もの間生理が来ません。手術を受けた日が生理周期0日目だと認識してしまうと、誤った安全日が作り出されてしまいます。生理が来る日を逆算しながら、しっかりと避妊を行うことが大切です。
万が一、中絶手術から2ヶ月以上が経っても生理が来ないという場合は、一度クリニックで診察してもらいましょう。

Copyright ©2015 中絶手術について知る。|安心して中絶手術を受けるために All Rights Reserved.

Design by Web Hub.